市外引越しと学校の転校の手続き

市外引越し 転校 手続き

 

市外や区外への引越しの場合は、小・中学校の手続きは市内の引越しの時より若干面倒になります。
次は市外・区外の小学生のお子さんの転校手続きを詳しく解説します。

 

@引越しすることが決まって転校しなければならない地域だった場合、まずは学校に電話をかけて担任の先生にお知らせしましょう。
先生が書類を用意してくれますが、日数がかかることもありますので早めにご相談ください。

 

新居が決まっていればその住所もお知らせください。
まだ決まっていない場合は、決まったらすぐに連絡してくださいね。

 

しばらくすると学校から「在学証明書」と「教科書給付証明書」が発行されます。
印鑑を用意して取りに行きましょう。

 

ここまでは同じです。

 

Aそして次に引越し前に市役所で「転出届」を提出します。
転出届は引越し日の2週間前から提出することが出来ます。

 

B引越しをしたら新居に最寄りの市町村役場に「転入届」を提出します。
これは引越し後2週間以内に提出してください。

 

そして市役所の中にある教育委員会もしくは関連施設に「在学証明書」を提示すると、通うべき転入先の学校を教えてくれて、「転入学通知書」を発行してくれます。

 

B転入先の学校にまず電話で転入したい旨を伝え、訪問日を決めます。
学校の雰囲気なども知っておくといいのでお子さんも同行したほうがいいですね。

 

訪問日に「在学証明書」と「教科書給付証明書」「転入学通知書」を持っていき学校に提出します。
そのときに学校の特徴、必要な用品などを聞いておきます。

 

 

Cお子さんと一緒に体操服やジャージ、通学帽子などの学用品を買いに行きましょう。

 

これで完了です

まずは料金を確認してみましょう。お得に引っ越ししましょう!

一括見積もり 引越し

トップへ戻る