引越しの荷物の梱包のコツをわかりやすく説明

引越し 荷物 梱包

 

ダンボールに荷物を梱包していく際に、デタラメに入れてしまうと荷解きに時間がかかったり、使いたいものが見つからないなど不具合がおきます。

 

ダンボールに入れる際は、同じ場所で使うものは同じダンボールに入れて、外から何が入っているのかわかるようにしておきましょう。
手間はかかりますが、荷解きの時に必ず役に立ちます。

 

引越しの際は使う頻度の低いものや季節外れの洋服などからどんどん詰めていきましょう。
それと使用するダンボールの大きさに注意して梱包してください。

 

大きなダンボールに重い物を沢山入れると、持ち上げる時に無理をして腰を痛めたり、ダンボールの底が抜けて足に怪我を負ったりと危険です。
ダンボールは3種類くらい用意して、使い分けましょう。

 

ダンボール・小サイズ:食器・本などの重いもの
ダンボール・中サイズ:キッチン用品・雑貨小物など
ダンボール・大サイズ:衣類などの軽いもの

 

詰め終わったダンボールを重ねるときは、重いダンボールを下、軽いダンボールを上にして重ねてください。

 

まずは料金を確認してみましょう。お得に引っ越ししましょう!

一括見積もり 引越し

トップへ戻る